世界が選んだ都農ワイン

Strinving to make Tsuno Wine a world-famous brand


ワインリポート2005

Wine Report は
4年に1回発行される
Sotheby's Wine Encyclopedia
(Sothebyワイン百科)の
年次報告書的な性格を持つ。
Sotheby's Wine Encyclopediaは
世界15ヶ国語に訳され、
50万部の実績を誇る。
編集者のトム・スティーブンソンは
『Champagne』『The Millennium Champagne & Sparkling Wine Guide』を
含む12冊の本を出版し、
「ワイン・ライティング・オブ・ザ・イヤー」賞を3度受賞し、
雑誌「ワイン」のコラムニストでもある。
※他、2003年シャルドネエステートが「最もお買い得なワイン」第9位に入りました。
都農ワインのキャンベル ・アーリーが「ワインリポート2005」で、「アジアで最もお買い得なワイン」として紹介されたのです。キャンベル ・アーリーは2004年版では「世界のワイン百選」にも選ばれており、2年連続の高評価にワイナリースタッフも大喜び。
これはイギリスのワイン評論家トム・スティーブンソン氏の著書で、世界的権威のあるワイン百科。今回、都農ワインはアジア地域の3部門にランクイン。
最もお買い得感のあるワイン部門でキャンベル・アーリーが1位、シャルドネ エステートが9位。ワイナリー自体も、最も価値のあるワイナリー部門で2位、新進気鋭のワイナリー部門で3位という評価をいただきました。
これも皆さまの温かい応援のおかげです。本当にありがとうございます。これからも『世界に通じるワイン』を目指して、もっともっと頑張ります!どうぞ都農ワインを見守っていてくださいね。
『2003年は、雨量が3300ミリを超える厳しい条件の中での栽培となりました。2003年シャルドネ(ワイン専用種)が評価された事は、我々が取り組んできた独自の土づくり、栽培方法が正しかったと信じています。うれぴー!』(工場長談)

ワインリポート2004

世界的権威『Wine Report 2004』に都農ワイン キャンベル・アーリー ロゼ 2003が、The 100 Most Exciting wine Finds(最もエキサイティングなワイン100選)に選ばれました。これは、フランス、ドイツ、イタリアを始めとする世界中のワインを対象にしたもので、編集者のトム・スティーブンソンが自ら試飲し、評価したものです。
地方の無名ワイナリーが選ばれたこと、生食用ぶどうから作られたことなど、日本のワイン史上、画期的な出来事といえます。なお、他に日本から選ばれたのは、メルシャンのシャルドネとメルローだけでした。
また、アジア地区ランキングの中でも、都農ワインは7部門のうち、2部門が1位、1部門が2位と、計3部門を受賞しました。

Adobe Readerが必要です
キャンベル アーリー ロゼ 2003(宮崎都農ワイン、日本)
 
●日本の宮崎県はボジョレーよりむしろフロリダに近い気候であり、とても辺境なワイン用ぶどうの土地で育ったlabruscaハイブリッド種キャンベル アーリー。このロゼは甘く、しかし食事を邪魔するような感覚ではなく、興味をそそるスパイシーな花束と芳しさに酔う。冷やしてサーブされるべきであり、黒豚のシチュー(猪汁)や刺身にした野生の鹿(鹿刺し)といった地方の美味に合う。
デニス ギャスティン

●鼻を飽きさせず、味覚における味気ない甘さでもなく最もキャンベルアーリーであり、もしくはそれゆえに一般的なLabruscaワインがこうなりがちである。しかし、その極上のアロマティック、より高い花のような、ストロベリーのゼリーのような香りは経験したことのないようなショックをもたらし、ミディアムスイートの味覚におけるクローンをそれほど反映していない。
トム スティーヴンソン

トップページへもどる
有限会社 都農ワイン 〒889-1201 宮崎県児湯郡都農町大字川北14609-20 TEL.0983-25-5501 FAX.0983-25-5502 (C)2003-2006 TSUNO WINE All Rights Reserved.