ショッピングカートを見る

  • 瓶内二次発酵方式。圧力をモニターしていきます。
  • 発酵の終わったオリを瓶口まで下げていきます。
  • 重厚感ある香りが漂い、炭酸は大人しい印象ですが複雑味充分!
  • 珍しい樽熟スタイルの瓶内二次発酵方式シャルドネスパーク。
  • 優しいタッチの泡ですが、複雑で凝縮感があります。

Hyakuzi ブリュット

辛口

飲み頃温度:8℃~12℃

今が飲み頃!熟成感のあるシャルドネの
瓶内二次発酵のスパークリングワイン

シャルドネ種を醸す私たちにとって、ワイン醸造の集大成とも言える
本格的スパークリングワインに挑戦しました。

[Hyakuzi 永友百二に賭けた思い]
この土地が秘める「未知の力」を信じたひとりの若者によって、尾鈴ぶどうは始まりました。農民として生きることに夢を託し、1本の苗と1本の台木からブドウを増やし、尾鈴ぶどうを誕生させた伝説の人。その人の名は「永友百二」。私たちは、百二の志を継いで、新たな夢を紡ぎ続けてきました。

それは瓶内2次発酵によるスパークリングワインです。シャルドネやピノ・ノワールを植栽し、いつかシャンパンを製造したいと私たちは思い続けてきました。自社農園でひと房ごと大切に収穫したシャルドネを樽発酵し長期に渡って熟成しました。その後、再び発酵させ、1本ごとに丁寧にルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(澱抜き)し完成しました。

■完売となりました。何卒ご了承くださいませ。

販売価格
5,400
円(税込)
数 量
メイキング
  • [ベースワイン]
    樽熟成させた2004年のシャルドネを主体に、2009年のシャルドネもブレンド。それらをベースワインとし、熟成感のある、どっしりとした味わいと樽の風味に加え、心地よい果実味が楽しめるようにしました。さらに酵母と糖分を加えてボトル詰。およそ2年間発酵、熟成させました。
  • [メイキングレポート]
    およそ2年間発酵、熟成させ、仕上げの40日間では、動瓶という酵母を瓶口まで移動させる作業を行いました。その作業は、毎日、右や左に10度から45度回しながら角度を付けていく気の長い作業です。すべての工程で伝統的な手法に沿って醸造しました。
テイスティングコメント
  • [熟成感の強い色調です]
    色調が強く、ゴールドのニュアンスの強いイエロー。熟成感の強い色調です。キメ細かな炭酸にも熟成感があります。
  • [凝縮感ある香りとトロピカルで華やかな香り]
    焼栗のような香りと樽の香りが重なり合い楽しめます。次にアプリコットやドライフルーツのような凝縮感ある香りと宮崎らしいトロピカルな華やかな香りも楽しめます。
  • [優しい炭酸と重厚で複雑さのある味わい]
    優しくキメ細かな炭酸とボリューム感ある味わいにドライな印象を受けますが、すぐに果実の甘さや旨みが重なり合い、重厚で複雑さを演出しています。また、心地よい酸味が味わいを整え長い余韻も楽しめます。
  • [クリームやバターソース系の料理で楽しむ!]
    8~12℃でお楽しみください。夏場は、もっと冷やしても充分楽しめます。オレンジピールやブルーチーズと特に良い相性をみせます。また、クリームやバターソースを使った肉、魚料理とも良い相性をみせそうです。
  • [Hyakuzi 永友百二に賭けた思い]
    この土地が秘める「未知の力」を信じたひとりの若者によって、尾鈴ぶどうは始まりました。農民として生きることに夢を託し、1本の苗と1本の台木からブドウを増やし、尾鈴ぶどうを誕生させた伝説の人。その人の名は「永友百二」。私たちは、百二の志を継いで、新たな夢を紡ぎ続けてきました。それは瓶内2次発酵によるスパークリングワインです。シャルドネやピノ・ノワールを植栽し、いつかシャンパンを製造したいと私たちは思い続けてきました。自社農園でひと房ごと大切に収穫したシャルドネを樽発酵し長期に渡って熟成しました。その後、再び発酵させ、1本ごとに丁寧にルミアージュ(動瓶)、デゴルジュマン(澱抜き)し完成しました。
販売価格
5,400
円(税込)
数 量