ショッピングカートを見る

  • 味わい深い酸味が心地よく、濃縮感が最高
  • ヘルシー&さっぱりした料理と相性抜群!アジのマリネや鶏の刺身やタタキ、旬魚や野菜のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しをポン酢で!ヘルシーでさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。
  • 若草やハーブ、ライムやレモンなどの柑橘類・・・爽やかでいて、トロピカルな香り。さらに、樽やビスケット、アーモンドやナッツのような芳ばしい香りも楽しめます。
  • 味わい深い酸味が口全体に広がりとっても心地よいです。辛口なのに甘みを感じる濃縮感が最高。ボリューム感があります。果実味、酸味による骨格がしっかりしているので、熟成も期待!
  • 『日本ワインガイド 純国産ワインの造り手たち』に紹介されました。
  • 『最強 日本ワイン 完全ガイド』に紹介されました。
  • 『日経おとなのOFF』に紹介されました。

2016 シャルドネ エステート

辛口

飲み頃温度:10-15℃ 750ml

樹齢22年の魅力が楽しめる味わい。酸味が心地よく、濃縮感が最高。樽発酵 樽熟成 正統派シャルドネ。

自社農園(*牧内農業生産組合)で栽培したシャルドネのみを使用し、オーク樽の中で発酵、熟成、シュール・リーを行いました。シャルドネ自身が持つ果実味、そして、樽発酵による抑制された樽香、喉ごしの柔らかさ。また、樽熟成由来のブーケ、シュール・リーからの旨み。それら全てがインテグレイトされた都農ワインの逸品、シャルドネ エステートをご賞味ください。


■ 1本入り化粧箱はこちらから 55円/個(税込)

販売価格
2,880
円(税込)
数 量
ヴィンテージ
  • [2016ビンテージレポート]
    シャルドネ5区のみのブドウで醸造しました。この園は、黒ボク土質に粘土質の土が混ざる土壌で、果実味が伸びやかで、酸の残りが良いのが特徴です。

    今年の春先からの気候は安定していて、例年と同じ時期に萌芽を迎えました。昨年の長雨の影響もあり、生育にバラツキがあるものの、順調に推移してきました。梅雨は例年並みとなり、開花、結実期も順調にのりきれました。7月、8月と安定した気候が続き、豊富な日照のおかげで、熟度も順調に上がりました。酸味のイキイキとした状態を見極め、8月24日に収穫スタート。果実味豊かなブドウを丁寧に醸造してきました。

  • [2016メイキングレポート]
    果汁を酸化させないよう作業を工夫し、良質な果汁のみをフレンチオーク樽の中で発酵させました。樽は、フレンチオークのヌベール主体で、トーストはミディアムプラス。新樽と1年樽を組み合わせて樽発酵させました。発酵温度は13度~15度で3週間程度。アルコール発酵終了後は、6ヶ月間樽で熟成させ、その間、酵母と接触させるシュールリーを行い、複雑味と味わいの厚みを持たせるようにしました。そして、シャルドネ自身の持つ果実味、味わい深さを引き出すよう醸造に努めました。
テイスティングコメント
  • [輝きのあるイエロー]
    輝きがありクリアーな色合い。イエローの中に若さを感じるグリーンなニュアンスも見られます。グラスを傾けるとキラキラと光輝き、透明感が感じられます。
  • [高原に立っているような爽やかな香り]
    グレープフルーツ、レモン、ライムなどの柑橘系の香りが第一印象。まるで、若草のある高原に立っているような爽やかな香りが楽しめます。次に日向夏や夏ミカンとハチミツ、黒糖のような甘い香りと樽の香りがきれいにまとまり、調和しています。グラスを回すと、白桃、バニラのような甘い香りが広がり、青リンゴやシトラス、ハーブのような若々しい印象も受けます。ミネラル感も十分楽しめます。
  • [フレッシュ感のある酸味が爽やか]
    青リンゴやレモンのようなフレッシュ感のある酸味が口全体に広がり爽やかな印象。パイナップルやパッションフルーツなどの南国系の果実味や甘み、ミネラル感が味わいの骨格を作りながらよいバランスをみせています。ミネラル感が味わいの骨格を作りながら、余韻に、グレープフルーツのような苦みが感じられ、まだ若い印象、料理と良い相性をみせそうです。
  • [時間をかけて徐々に開きそうです。]
    酸味と果実味が綺麗に主張しているワインですので、3年から5年かけて熟成のピークに向かう印象を受けます。今後のビン内で熟成が楽しみです。
  • [さっぱりした料理と良い相性!]
    地鶏のタタキや旬魚のカルパッチョ、鯵のマリネ。そして、山菜の天ぷらや煮物。旬野菜や魚のテリーヌ。豚シャブやせいろ蒸しなどさっぱりした料理と良い相性を見せそうです。冷やしすぎるとシャルドネの旨味が半減されますで、10℃~15℃ぐらいがオススメ!
販売価格
2,880
円(税込)
数 量